基礎

ギャンブルするなら知っておくべき! ハウスエッジについて

日本語ではカジノ控除率 40759

RTPはあまり当てにならない?

クラップス は、ドント・パス、もしくはパス・ライン以外に賭けるのは、べらぼうにハウスエッジが高いのでやめましょう。勘が働いた時にだけ、運試しに他の場所にも賭ける、くらいがベストです。 ルーレット は、初心者でもプレイしやすいゲームですよね。でも、個人的にはルーレットは楽しむためにするもの、と思ってます。ハウスエッジもさることながら、特にランドカジノなら、腕のいいディーラーは狙った数字に近いところにボールを落とせると思います。( 昔はズバリ狙えるディーラーがたくさんいた そう)。

ハウスエッジ(カジノ控除率)とペイアウト率

オンラインカジノ プレイヤーならば、 スロットゲーム の説明やレビューサイトでRTPまたは還元率、ペイアウト率という言葉を目にしたことがあるのではないでしょうか。RTP を理解すると、カジノがより楽しめるようになります。 RTP は、英語の「 Return to Player 」の略です。日本語に直訳すると「プレイヤーに戻す」という意味であり、オンラインカジノでは「 ペイアウト率 」または「 還元率 」としても知られています。オンラインカジノのペイアウト率は、競馬やパチンコなどで目にする、払戻率や出玉率、期待値とほぼ同じ意味です。 還元率のパーセンテージは、簡単に説明するとプレイヤーが賭けた金額に対し、カジノから払い戻される金額の割合を示しています。つまり、 還元率が高ければ高いほど、勝利金を獲得しやすい という意味でもあります。 ただし、ペイアウト率が示すパーセンテージは、 単純に統計を元に計算して出された数字のため、この数値を鵜呑みにしないほうがいい でしょう。なぜならば、そこにはメガ ジャックポット のような、数億円にものぼる高額配当額も反映されているからです。そのためペイアウト率は、先に述べたような高額配当も含め、全ての配当の平均的な割合であることを理解しておく必要があります。 オンラインカジノの RTP を確認することで、スロットでプレイする際に、どれだけ勝ちやすいかを知ることができます。 オンラインカジノのスロットの還元率は、平均96~98% です。つまり1万円賭けた場合、~円の資金が勝利金として返ってくるということになります。日本の代表的なギャンブルである競馬の還元率が約70%、パチスロが約80%であることをを考えると、オンラインカジノの 還元率がどれだけ高いかが分かるかと思います。 また、 ペイアウト率が%になるということは決してありません 。それは、カジノの「 ハウスエッジ(控除率) 」がペイアウト率から差し引かれているからです。ハウスエッジとは、簡単に説明すると、「カジノ側の取り分」です。例えば、還元率が96%ならば、そのハウスエッジは4%となります。ハウスエッジが低ければ低いほど、還元率のパーセンテージが高くなるので、プレイヤーにとっては勝ちやすいという意味になります。

関連記事(一部広告)

クラップスはラスベガスのみならず世界中のカジノにおいて、ブラックジャック、ルーレット、バカラと並び広く行われているゲームのひとつである。  特にここラスベガスでは、クラップスのワイワイ騒ぎながらやる独特な雰囲気がアメリカ人気質に合っているのか、少なくともルーレットよりも盛り上がっているように見受けられる。 一方、これだけ多くの日本人がラスベガスを訪れるようになった今日においても、このクラップスを本格的に楽しんでいる日本人観光客は極めて少ない。  単独で黙々と遊ぶルーレットやブラックジャックとは異なり、客同士がハイタッチしたりしながら楽しむこのクラップスこそ、最もラスベガスらしい華やかなカジノ体験として良き思い出となるはずなので、もっと日本人にも参加してほしいゲームのひとつである。 それと同時に、このクラップスがカジノゲームの中で 最も勝率の高い (期待値が高い)ゲームである(特殊な条件下でのビデオポーカーなどを除いて)ということも覚えておいていただきたい。特に後述する「オッズ賭け」は、カジノ側の控除率がゼロなので、勝てる可能性が十分にある。 クラップスというゲームは、基本的には サイコロの出る目を当てるだけ の極めて単純なゲームだ。  つまり、ブラックジャックのような「ディーラーの手に対して各プレーヤーが個別に勝負する」という「対戦型」ではなく(したがってクラップスには「自分の手」というものは存在しない)、勝負はただ単にサイコロの目を当てたプレーヤーに対してカジノ側が払戻金を支払うというだけの単純な勝負形式となっている。 ブラックジャックにおいては、基本ルールや戦略を知っているのとそうでない場合とでは明らかに勝敗の結果に差が生じてくるが、ルーレットの場合はだれがどのような賭け方で勝負しようがすべて同じ期待値になるように配当倍率が設定されているので(例外的な賭けも、ごくわずかに存在しているが)、知識の差や熟練度の差によって勝率に差は生じない。  ようするにルーレットでは確率論的な戦略や必勝法などはまったく存在せず、勝敗結果はすべてそのときの運だけで決まってしまう。 クラップスは、そのようなブラックジャックとルーレットのちょうど中間的な存在、つまり運さえよければ戦略をほとんど知らなくても勝てる可能性は十分にあり、またルーレットほどすべての賭け方が同じ期待値に設定されているわけではないので、実情を知らずに賭けると損をしてしまう悪い賭け方や、逆に使わないと損をする戦法があったりする。  ただ、その知識の差による結果の差はブラックジャックほどではない。

ディスカッション