基礎

【カタン】発展カードごとのオススメの戦略・戦術論

独占ゲーム勝ちポイント 60205

ゲームの「勝ち筋」を見つけよ

MG研修は本来、自分で気づいていただくことを重視しています。 しかし「MG研修で勝つための戦略」を気になっている方が多いのも確かなので、思い切ってMG研修における「経営のヒント」を複数回に渡って解説します! 研究開発を多く実行していれば、価格面で他社と差別化をすることが出来ます。 価格競争を避けて売上を上げることは利益に直結するため、研究開発を他社よりも多く実行していることはそれだけで大きなアドバンテージとなります。 研究開発は現実世界で言うと、いわゆる「ブランド力」「商品力」となります。 例えば同じ携帯電話でも、無名のスマートフォンやましてガラケーに10数万円も払う人はなかなかいないですが、「iPhone」ならそのようなことはないですよね? 同じ価格、同じ機能の商品でも、ブランド力や商品力があればそちらを選ぶのが、消費者としては当たり前の行動です。 結論からいうと「相手より少しでも多く」が答えです。 研究開発は競合と同じ数だけ実施していても全く意味はありません。 相手より多く持っていることで初めて「差別化」できるのです。

「研究開発」は価格競争力を持つうえでかなり強力!

モノポリーの戦略 (モノポリーのせんりゃく)とは、 モノポリー において勝ち残るための具体的な戦略と戦法などの紹介である。 少人数戦の場合、場にある現金が少ないため、止まった土地を定価でとにかく買っていくという戦略はあまり有効ではない。 このため、転売で利益を得るという方法は通用しにくい。権利書によっては競売にかけるという選択肢も考慮すべきである。 さらにプレーヤーの数が少ないことは収益の期待値が下がることにつながり、公共会社(電力・水道)や鉄道の価値も相対的に下がることになる。 また、少人数戦は土地を買いすぎてしまい現金不足になることもある。土地を抵当に入れて土地を買うということを繰り返すとレンタル料を得る機会を減らすことになる。

ディスカッション