収益

パチスロの設定っていつ変更してるの?

設定変更はどのジェームススロット 59585

パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI‐EVOLUTION ZERO

枕カバーが古くなった油の臭いを放っています。ごきげんようカタギリです。 さてショートゴロのような当連載の第3回目のテーマは 『パチスロの設定変更について』 でございます。皆さん気になりますね? 興味ありますよね?  我ながらナイスなテーマだと思いますよ、ええ。私も他店の設定変更事情、非常に興味があります! ま、私の場合は小~中規模ホールでの勤務経験しかありませんが、だいたいこんな感じでやっていました的な感じで緩くお伝えしたいと思います。そんな訳で今回も霊感商法のセミナーに参加するような心持ちで、最後まで警戒心を忘れずにお付き合い下さいませ。 これはホールによってまちまちでしょうね。パチスロ1,台以上設置の超大型店舗だと設定表を渡されて、変更業務だけを担当する社員が7~8人いる、なんて話も聞いたことがあります。とはいえ、業務に関わる人数が増えるほど情報漏洩のリスクも高まるので、小~中規模ホールでは 開店前か閉店後に店長が一人だけで行う ケースが多いのではないでしょうか。店長の休日は副店長やマネージャーが代行する、といった形で。 機密性の高い業務 ですので、社内でも関わる人数は少ないのが一般的です。 高設定の使い方こそが 担当者の性格が大きく影響 する、俗に言う「 店のクセ 」が出るところですね。 人目につきやすいカド台に入れる人、意図的にカドには入れない人、前日・前々日の大当り回数が少なかった台に入れる人、末尾やゾロ目等の台番号を重視する人、クセを読まれないようにランダムで入れる人など、本当に「人それぞれ」としか言いようがありません。系列店どころか、同一店舗ですら設定の入れ方は担当者によって違いますからね。また、あえて ユーザーに店のクセを読ませるようにわかりやすい高設定投入パターンを行うケース もあります。その結果、常連客が増えますからね。 これも人によってまちまちです。私が行っていたのは、いわゆる 「ガックン対策」の朝イチ出目全台7揃いにしていた位 です。系列店の担当者は変更台の高確抜けまで回したりしていましたよ、閉店後のホールで。その結果、稼働はガタ落ちしていましたけど……。 忘れられないのは『しくじり店長』にも登場した元ヤン店長のツジさんですね。この人、台の出目をノートに記入してから設定変更した上で、データランプで総回転数が変わらないようにデータ配線を抜いてリールを回し、変更前の出目が止まるまで自力で遊技するという、 パーフェクトなガックン対策 を行っていたのです。いわゆる スロプロを返り討ちにするため に真夜中、必死に頑張っていたその後ろ姿は、とても気持ちが悪かったです。 私の現役時代に 設定6を放置し続けた最長日数は、44日間 。 その当時、店の看板機種であった 『新鬼武者』の最高設定(出率%) をひたすら据え置きにしてみたのです。設置していた12台のうち平均稼働が最も低かった右から4番目の台を、 差枚数が5,枚を超えるまでひたすら据え置く 、という条件付きで実験してみました。結果、期間中の最大差枚数は4,枚オーバーが限界。 44日間の平均出率は%程度 だったと記憶しております。 減台をきっかけに放置プレイは終了となったのですが、とても設定6とは思えないスランプグラフを数多く目撃した結果、自身のパチスロライフにも多大な影響を及ぼしてしまったのですからさあ大変。高設定挙動を示す台に座っても少し調子が悪くなっただけで、「あ、これ高設定不発パターンだ」と思い込んで平気で捨てちゃうようになりまして、後から座ったお客さんに盛大に出されちゃうというのがお約束パターン。一種の職業病ですな……。 最近では自店の 『バジリスク絆』全6データ にも衝撃を受けました。10台全て、お客様のプラス。万枚が2台、最も出なかった台でも差枚3,枚オーバー。1台も不発が無かった事に驚かされましたね。絆の設定6を皆が狙う理由が、ようやく理解できましたね。

春ドラマ・春アニメ一覧

設定を変更する際ですが、 設定変更の作業を行っている音が 台から発せられます 。 当たり前のことですが、 営業中に設定変更を行うことは出来ません 。 基本的には、 営業終了後の深夜 、 もしくは、 営業開始日の早朝 に 設定変更を行う店が多いです。 パチスロの設定を、 いくつにしたかは、 その店の 機密情報 です。

パチスロ〈物語〉シリーズ セカンドシーズン

パチスロ における 設定 (せってい)とは、パチスロ機のボーナス・小役等の確率を(あらかじめプログラムされた範囲内で)変更し、最終的な出玉率(機械割)を上下させることができる機能のこと。 [1]。 パチンコ における 釘調整 と同様の意味を持つ機能である。 近年ではパチンコにおける釘師同様、ホール内のパチスロ機の設定配分を決定する人間のことを 設定師 (せっていし)と呼ぶようになっており、一部には「カリスマ設定師」と呼ばれる人間も現れている。 大当たりの抽選に際しパチンコ玉の物理的な運動を伴うパチンコ機と異なり、パチスロ機の場合は大当たりの抽選に物理的な運動は関与せず、大当たりの抽選は全て内蔵されたコンピュータにおける 乱数 によって行われる。従ってパチンコ機( デジパチ )であれば、内蔵コンピュータの大当たり確率が固定でも釘調整でスタートチャッカーへの入賞率等を変化させて出玉を上下させることができるのに対し、パチスロ機では内蔵コンピュータの大当たり確率等が完全に固定されていると、店側は出玉を調整する手段がないことになってしまう。このためパチスロ機では当初より大当たり確率等を店側で調整できるようにする機能が不可欠とされ、そのために設定機能がつけられている。ただし例外はあり、『 パルサーワン 』( 山佐 )のように設定が1段階しかない(=出玉率の調整が不可能)という機種も稀に存在する [2] 。なお、現在はパチンコ機でも設定の機能を付加することが認められており、設定の機能が搭載されている機種では大当り確率を変えることが可能となっている。 各設定のボーナス・小役等の確率は、あらかじめメーカー側でプログラミングされた上で、 保安通信協会 (保通協)等の「指定試験機関」における検定で最終的な出玉率が一定の基準の範囲内に収まっているかどうかをチェックされ、それをクリアしたものだけがホールへの設置を許可される。従ってパチスロ機の設定は(特に改造等を受けていない限り)全て 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律 (風適法)の基準に適合していることがあらかじめ確認されていることから、パチンコ機の釘調整と異なり、パチスロ機の設定変更は違法性はない。このため、かつてはイベント等で営業中に設定を変更するサービスを行う店も多かった(現在は営業中の設定変更は「射幸心を煽る行為」であるとして、行政の指導により事実上禁止されている)。 設定の段階数については特に法的な規制はないが、段階数が多すぎると指定試験機関における試験に時間を要すること、一方で段階数が少なすぎると店側の要望に柔軟に対応できなくなることなどから、4号機までの時代は設定は通常6段階(設定1が最低、設定6が最高)とすることが一般的だった。このため最高設定である設定6のことを、パチンコの 海物語シリーズ における6の絵柄である アンコウ になぞらえたりする例も多く見られた。 5号機 の時代に入り、一時設定の段階数を減らす動きが広がり、 アルゼ ・ 山佐 ・ SANKYO ・ ネット などを中心に設定を4段階とした機種が多く登場し、設定表記がメーカーごとに異なるケースも出てきていたが(最高設定がアルゼでは「設定H」、山佐・SANKYOでは「設定4」、ネットでは「設定7」になるなど)、年現在はほとんどのメーカーが6段階設定に回帰している。

パチ7自由帳ランキング

Mr Green. NetEnt Mr Green. Mr Green. Mr Green. Mr Green Mr. Green NetEnt,, NYX, 'N, IGT, WMS,,,, Sthlm,Mr Green Mr Green Mr Green Bonus Giant Mr Green Mr Green.

ディスカッション