収益

ソニック・スピンボール

ボーナスステージジュラシックパークスロット 26015

大人気マイクロゲーミング社のオンラインスロット「JurassicParc(ジュラシックパーク)」のプレイ方法と特徴を知ろう

マイクロゲーミング社製の比較的新しいスロット「JurassicPark(ジュラシックパーク)」は、スティーヴン・スピルバーグ監督の映画で大ヒットした恐竜の世界をモチーフとしたスロットです。 映画でもグラフィックの美しさが話題となりましたが、スロットでもその素晴らしさを存分に再現していて、映画のような大迫力をスロットで味わうことができます。 ライン数は通りと非常に当たりやすく、ランダムに3連ワイルドが出現するため5カード(5 OF A KIND)による高配当が頻発します。 ランダムに現れる特別ワイルドボーナス「T-REX ALERT」や、選ばれる恐竜によって効果の違うマルチプライヤー付きの「フリースピン」など、ゲーム性も非常に高く楽しめる機種となっています。 特別ワイルドボーナス「T-REX ALERT」に入った時の、画面ごと揺れて恐竜が近づいてくる演出は息を飲むほどの迫力があります。 出現するまでに時間がかかる場合もありますが、恐竜の叫び声と共に画面が揺れ、大きい足音が聞こえて来る演出に入ると、特別ワイルドボーナス「T-REX ALERT」に入っています。 このモードに入ると、35個のワイルドがランダムにリールに加わり、6回当たりが出終わるまでこの状態は続きます。ワイルドの出現率が格段に増え、当たりが大変出やすい状態になっています。 オレンジ色のモスキートのマークがが3つ以上そろうとフリースピン獲得です。 「JurassicPark」は5種類の恐竜を選択する、それぞれ魅力的な効果と演出のフリースピンとなっています。 巨大な恐竜ティラノザウルによる、3連ワイルドが最高5リール出現する可能性がある12回のフリースピンです。 ティラノザウルスが大迫力で出現すると共に、複数のリールをリールごとワイルドに変えてくれます。

JurassicPark基本情報

Jurassic Park(ジュラシックパーク)はその名のとおり、みなさんご存知、年の同名大ヒット映画とのタイアップ作品です。正式にタイアップしているだけあって実際の登場人物や恐竜がシンボルとして登場し、ところどころで実際の映画のワンシーンが流れる仕掛けもあり、リアルな映画の世界に引き込まれてしまいそうになるビデオスロットです。 Jurassic Parkはなにもグラフィックスだけが素晴らしいわけではありません。Microgamingお得意のオールウェイズペイ(ペイライン)機能搭載のこのスロット、フリースピンボーナスも趣向が凝らされているので思わずプレイを続けてしまいたくなるつくりです。 ワイルドはスタックドシンボル(縦に最大3個)として登場し、スキャッターが3個以上出現するとフリースピンに入ります。 まずは「T-Rex Alert(ティーレックスアラート)」です。ベースゲーム中にランダムにT-Rexの雄叫びが聞こえると、次の6スピン中に最大35個のワイルドが出現するというものです。その後ノシノシとT-Rexが登場して画面が揺れる様は見ものですが、正直普段よりもワイルドの出現率が上がるといったものでもありません。 さて、Jurassic Parkのハイライトはもちろんフリースピンのボーナスステージです。スキャッター(琥珀に問込められた蚊)が3つ以上揃うとフリースピンに入るのは一般的ですが、JurassicParkには5種類のフリースピンがあります。いずれのフリースピンも12回で、以下がそれぞれの特徴です:。 グラフィックスも秀逸ながら、フリースピンのゲーム性も存分に楽しめるJurassic Park。ボラティリティーは中程度ながら、どうしてもすべてのフリースピンを見るまではプレイし続けてしまいたくなってしまうスロットです。 CasinoTopでは、お客様にカジノゲームを楽しんでいただくために、責任を持ったゲームプレイを推奨しています。 ギャンブルに対する問題を抱えている可能性がある場合には、以下の電話番号からサポートを受けることができます。

ボーナスステージジュラシックパークスロット 9446

人気恐竜映画をそのままスロットに!ジュラシックパーク スロット : Jurassic Park

同社の『 ソニックシリーズ 』( 年 - )に登場するキャラクター「 ソニック・ザ・ヘッジホッグ 」がピンボールのボールになって、 ドクター・エッグマン の要塞を攻略していく。ステージのどこかに隠されているカオスエメラルドを全て獲得するとボスへ行けるようになる。ボスを倒すと、ボーナスステージが始まり、それが終わると次のステージに進む。尚、カオスエメラルドは1~2ステージは3つ、3~4ステージは5つある。メッセージは上部に表示され、 英語 で知らせてくれる。 開発は アメリカ合衆国 のセガテクニカルインスティチュートが行い、プロデューサーはアーケードゲーム『 忍 -SHINOBI- 』( 年 )を手掛けた菅野豊、ディレクターは後にメガドライブ用ソフト『 ソニック・ザ・ヘッジホッグ3 』( 年 )を手掛けたロジャー・ヘクター、ゲーム・デザインは後にメガドライブ用ソフト『 コミックスゾーン 』( 年 )を手掛けたピーター・モラウィエクおよびメガドライブ用ソフト『カメレオンキッド』( 年 )を手掛けたホイト・ウン、音楽は後に メガCD 用ソフト『 ジュラシックパーク 』( 年 )を手掛けたバリー・ブルムおよびブライアン・コバーンが担当している。 欧米では年に ゲームギア 、年に セガ・マスターシステム に移植された。 年 に Wii 用ソフトとして バーチャルコンソール にて配信された他、 年 に iOS 用ソフトとして配信された。オムニバスソフトへの収録は、欧米においてのみ ゲームボーイアドバンス 用ソフト『 Sega Smash Pack 』( 年 )に収録された他、日本も含めて ゲームキューブ 用ソフト『 ソニック メガコレクション 』(年)、 PlayStation 2 および Xbox 用ソフト『 ソニック メガコレクション プラス 』( 年 )、PlayStation 2およびゲームキューブ用ソフト『 ソニック ジェムズ コレクション 』( 年 )などに収録された。 ソニック - テイルス - ナックルズ - エミー - クリーム - ビッグ - エッグマン - シャドウ - ルージュ - シルバー - ブレイズ - チャオ - アレク - ルミナ。 GUN - スペースコロニー・アーク - プリズンアイランド。

ディスカッション