収益

横浜に本社移転の京急、「カジノ」にはどう対応?

ベット方法横浜市がカジノ 47056

反対する理由は「ギャンブル依存症」だけではない!

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。 鉄道最前線 経営。 大坂 直樹 : 東洋経済 記者 著者フォロー。

石田雅彦の最近の記事

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。

このページへのお問合せ

横浜市が8月22日に公表した最新資料「IRの実現に向けて」(市政策局の ニュースリリース より)。 ギャンブルや賭博(とばく)といったイメージが付きまとい、 反対の声も根強く残るカジノを含めたIR を横浜中心部へ誘致することに、 どんなメリット があるのでしょうか。 今後、林文子市長本人が自ら出向いて行うという 港北区など市内18区での説明会 を前に、 市長の発言 を中心にIR誘致の考え方をまとめました。 会見と同時に市が公表した「IRの実現に向けて」と題した 最新資料 や、これまでに中区や都筑区など 市内4カ所で行った説明会 で示された スライド資料 には、 横浜市が抱える課題 に対し、 IRの誘致がいかに有益に働くか ということが強調されています。 そこから見えてくるIR誘致における最大のメリットは、 横浜市(地方自治体)が得られる大きな収入 です。 最新の資料では、IRによる 納付金や入場料収入 、さらには 法人市民税や固定資産税、都市計画税 によって 年間億円から億円 の増収効果が期待できると試算されています。

ディスカッション