収益

【H.I.S. SNS 旅トレンド調査】SNS で旅好きが選んだ!行ってみたい東南アジアビーチ 10 選 人気のバリ島やセブ島を抑え、1 位に輝いたのは注目度急上昇中のあのベトナムビーチ!

結果発表ボラカイ島カジノ 45297

フィリピン:Bloomberry Resorts 18年度最終利益150億円 順調~ケソン市IR推進意欲

フィリピンのゲーミング投資会社、レジャー・アンド・リゾーツ・ワールド LRWC は、カジノの新規開発への一時停止措置が最終的に解除された場合、ギャラクシー・エンターテインメント・グループとのボラカイでの提携を再検討するために扉を少し開けたままにしているようだ。 同社は、「当社の会長であるエウセビオ・タンコ氏の伝えられている発言は、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領による一時禁止措置によって、ボラカイ計画に関してギャラクシー・エンターテインメント・グループ GEG との間でさらなる協議がないという事実をただ述べているだけだ。我々は、大統領の指示を守り続けるという姿勢を崩さず、この問題への大統領の命令に従っていく。また一方で、ボラカイにある土地の開発にむけた計画も一切決まっていない。しかし、LRWCは、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領によるボラカイ再活性化と浄化のための最近の前向きな行動によって、ボラカイの不動産価格が上昇し続けると確信しており、当社会長は当該不動産をランドバンキングすることはそれでもなおLRWCにとって価値を生み出すと信じている」と述べた。 ギャラクシー・エンターテインメント・グループのフランシス・ルイ副会長は、今年これまでに、Inside Asian Gamingに対して、 まだLRWCとボラカイの提携関係を進めることに希望を持っている と話し、「まだ、現地の人々に誤解があることを理解してもらいたいと思っている。真実が伝わり、我々のプロジェクトがどういった形で大きなプロジェクトにならないかというのを理解してもらえれば、これがボラカイがかつて持っていたブランド力を活性化させるのに必要な種類のプロジェクトだと分かってもらえると確信している。ボラカイは常に世界トップ5に入るビーチリゾートの一つであり、我々は本当にその一部になりたい、そして我々はそこを確実に以前のような地位に押し戻していきたいと思っている」と語っていた。 IAGニュースデスクチームには、アジアゲーミング業界で最も経験豊富なジャーナリストが複数所属しています。 幅広い専門知識を持つそれぞれの長年のノウハウが結集しており、その範囲は多数の国の多種多様なトピックに及びます。

ボラカイ島のカジノリゾート計画中止に

フィリピン共和国のロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、ボラカイ島にカジノを開設することは許さないとしてカジノを建設するプロジェクトを禁じたのだが、環境汚染の改善を目的に今まで強制的に閉鎖されていたボラカイ島は再び観光客に向けて開放さ ボラカイ島 ボラカイ島は、ヤパックYapak、バラバグBalabag、マノック・マノックManoc-Manocの3つの地区 Barangay から形成されている。島の北部に位置しているのがヤパック。中央を占めていいるのはバラバグ。ホワイト・ビーチを含むリゾートホテルなどもこの一帯に広がっている。 ボラカイ島カジノ計画お流れに:日本進出も狙う フィリピンのリゾートアイランド、ボラカイ島。 ワタクシもひと昔、この島へバカンスへ出かけようと計画してたものの他のリゾート地へ変更し、まだ行ったことがない島ですが、白い砂浜が美しい島と聞いておりました。 ボラカイ島はドゥテルテ大統領が環境汚染を問題視し、再生作業のため年4月から10月までの約半年間閉鎖して観光客の立ち入りを一切禁止していました。 その閉鎖が解除された今、「もう行っても大丈夫なの?」と不安な抱いて。 ボラカイ島からボラカイリージェンシーホテルの専用の船でカティクン空港へ。 またまた、エアヒルエクスプレス航空に乗り、早朝からマニラへ。 マニラの宿泊は、まだ新しい、ハイアットホテル&カジノ マニラ。いきなり、ラウンジに 通されまし。 フィリピン:ボラカイ島に2つのIR開発~Galaxy Entertainment, Alliance Global。国際観光競争 - カジノを含む統合型リゾート(IR)の政治、経済情報・ニュースを配信いたします。 ドゥテルテ大統領がボラカイ島の事業者を非難して数週間と経たないうちに、政府は中国の特別行政区マカオ(Macau)のカジノ大手ギャラクシー。

ディスカッション