事業費

リゾカジ カジノレポート

ライセンスジュネーブカジノ 20660

カジノ規制改正の背景

iSoftBetは、オンラインおよび チェリーカジノ モバイルの主要なカジノコンテンツサプライヤーであり、受賞歴のある多様なスロットを主要なマルチチャネルオペレーターであるCasino du Lac Meyrin Switzerlandと統合します。 Groupe Partoucheが所有するチェリーカジノは、ジュネーブに本拠を置き、iSoftBetの市場をリードする一連のプレミアムスロットコンテンツでオンラインサービスをさらに強化し、最近認定されたスイス市場に完全に認定および準拠しています。 iSoftBetの最高商業責任者であるMichael Probert氏は次のように述べています。「Casino du Lacはスイス市場で重要なプレミアムカジノブランドであり、私たちは彼らと提携できることを嬉しく思います。 Casino du Lac MeyrinのiGaming最高経営責任者であるAlexander Sosnovski氏は次のように述べています。 Groupe Partoucheは、パートナーを慎重に選択し、最高のパートナーとのみ協力して、人気のオンラインゲームとエンターテイメントを貴重な顧客に提供しています。

Ⅱ カジノ事業者のライセンス制度

外国企業 誘致。 スイス連邦参事会(内閣)は6月7日、バーデン、ダボス、ルツェルン、プファフィコンにあるカジノの事業者ライセンスの範囲に関して、新たにオンラインカジノゲーム事業を運営できるよう拡大した旨の 声明 を出した。スイスのゲーム事業者によるカジノゲーム(ポーカー、ルーレット、ブラックジャック)のオンラインでの提供を認める年1月施行(条文の一部は7月1日施行予定)の賭博法に基づいて行った措置だ。提供予定のゲームについては、連邦ゲーム事業者監督委員会(CFJM)による承認を得られ次第、オンラインでの提供が可能となる。 スイスでも、ギャンブル中毒対策や各種賭博サービスの課税の要否、不正防止など公正性の確保が課題となってきた。年3月11日の国民投票で公共サービスとしての賭博の規制をめぐる憲法改正が可決されたことを受け、年に法案が起草され、年9月に 賭博法 として連邦議会で可決された。年6月10日、同法に対する国民投票が行われ、72。 スイス国内および近隣のカジノ産業は、ギャンブル中毒への批判や、外国の事業者が提供するオンラインカジノとの競争にさらされており、衰退傾向にある。「トリビューン・ド・ジュネーブ」紙は、ジュネーブ州内唯一のカジノ「メイラン カジノ」の年の売上高が前年比0。

ライセンスジュネーブカジノ 66174

アメニティ & サービス

カジノが集積するラスベガスが位置する米国ネバダ州では、一定水準以上の規模のカジノを運営しようとする者は、「無制限ライセンス(non-restricted license)」と呼ばれるライセンスを受ける必要があります。 無制限ライセンスの申請に際しては、次ページの<表1>に挙げられている多数の書面等をネバダ州の規制当局(Nevada Gaming Control Board)に提出することが求められます。 ライセンスを申請すべき主体には、事業者に加えて、当該事業者の役員、取締役、株主も含まれます。当該事業者が公開会社ではない場合には、基本的に、5%超の株式を保有する株主は、規制当局からライセンスを受けなければなりません。 特に注目すべき点としては、後述するForm 7「個人履歴開示フォーム」のページ数が多く、求められる情報量が多いこと、Form 17「全ての請求権の放棄に関する書面」やForm18「情報開示依頼書」のように、規制当局の強い調査権限を担保する仕組みがあること、が挙げられます。 特に、ページ数が多く、また、記載すべき内容も詳細で多岐にわたるのが、Form 7の「個人履歴開示フォーム」です。このフォームでは、例えば次の事項についての記載が求められます。申請者本人だけではなく、配偶者や子供についてのさまざまな詳細な情報開示が求められており、なかには過去20年間の履歴を開示すべき事項もあることが分かります。この書面の準備には、かなりの期間と費用が掛かります。 以上のように、ラスベガスのカジノ事業のライセンス制度において、事業者が申請・提供すべき情報は多岐にわたり、ライセンス取得者の適格性は厳しい目でチェックされる仕組みとなっています。また、何らかの違反があった場合にはライセンスは取り消されるため、強い拘束力を発揮します。当然のことながら、ライセンスを取得した後も、カジノ事業者はさまざまな規制を遵守しながら、内部統制・内部監査の仕組みを導入し、監視システムを強固にするなどの対応が求められ、それらを通じて、リスク統制が図られます。 日本でも、IR推進法案が可決されれば、このような仕組みが導入されると考えられます。IRへの参画を検討している企業では、海外の制度運用状況と国内における議論を注視しながら、新たなライセンス制度や規制への対応について、体制づくりやコスト試算、スケジュールの検討等を進めることが重要と考えられます。 EY Japan 概要 EY Japan のご案内 EY について トップメッセージ アントレプレナー支援 ダイバーシティへの取り組み 企業としての責任(CR) EY Ethics hotline(EY倫理ホットライン) ニュースルーム   Connect with us    メールマガジン ソーシャルメディア お問い合わせ English。

ディスカッション