事業費

ボラティリティが高いか低いかでスロットを選ぶ!

ボンスカジノデッドオアアライブスロット 63738

Dead or Alive : デッド・オア・アライブ ペイアウトテーブル&還元率

高額配当は保安官バッジや銃などで、低額配当はトランプの英数字になっています。 スキャッターは二丁拳銃です。 ワイルドは人物の図柄で、スキャッター以外の全ての図柄の代わりになります。 フリースピン開始時には、3種類から好みのものを選択します。 フリースピンは3パターン存在し、どれも初期スピン数は共通で12回です。 しかし、ヒットする頻度と付与されるボーナスが異なります。 TRAIN HEISTはワイルドが停止すると、マルチプライヤーとスピン数が1つずつ追加されるフリースピンです。 マルチプライヤーは上部のメーターで、フリースピン残数は下部で確認ができます。 メーターが16つ溜まり最高16倍のマルチプライヤーに達すると、5回のフリースピンがさらに追加されます。 OLD SALOONはマルチプライヤーが常に2倍のフリースピンです。 ワイルドが停止すると同じ位置に固定され、全リールにワイルドが現れると5回の追加スピンが付与されます。 HIGH NOON SALOONは同じリール上にワイルドが2つ以上つ停止すると、マルチプライヤーが加算するフリースピンです。 個人的にはTRAIN HEISTがおすすめ。 こちらはマルチプライヤーなどはないですが、次々とスピンが追加され着実に配当が得られることが多かったです。 もちろん他の2種類も、出現したワイルドが固定されるため、高配当の可能性を秘めているのでTRAIN HEISTで結果を出せないときは他のパターンを選択することも視野に入れてもよいでしょう。

まね吉の入金不要ボーナス【最大333回フリースピン】をゲットする方法

プレイヤーへの還元率は 96。 この ワイルド絵柄はすべての絵柄の代用として使え、勝利のお手伝いに大活躍 します。 ボーナスゲームの爆発力が売りな機種なのにもかかわらず、Dead or Alive2では案外 通常モードでも頻繁に配当が発生するため、キャッシュの減りが穏やか です。 結果から言うと、 おすすめは一番右の『HIGH NOON SALOON』 です。 見た目では左側が低リスクに見えますが、 実際どれもリスクは同程度で、リターンは右が一番デカい といった印象です。 TRAIN HEISTでは、ワイルドが止まるたび、フリースピン回数が1回増加&配当倍率が+1増加します。

ディスカッション