事業費

横浜市の「カジノ誘致」騒動の虚しさ。どう見ても失敗するので、反対する気力すら起こらない。なぜか?

日本人に人気横浜誘致IRカジノ 28626

カジノ誘致に舵切る横浜市、港町としての地位低下に危機感

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 たとえば、シンガポールのチャンギ国際空港には、CIP(Commercial Important People:商業的重要人物)向けの専用ターミナルがあり、富裕層ならここにビジネスジェットのファーストかプライベートジェットで到着し、その後、カジノお迎えのリムジンに乗ってカジノに出向く。 カジノからVIPと認定されるには、プレー額の初回入会金が最低2万シンガポールドルは必要(ワールドリゾート・セントーサの場合)である。CIP 利用となると、最低10万シンガポールドルが必要だ。これで、宿泊から食事・送迎はすべて無料になるし、カジノから直接招待状が届く。

IR誘致、横浜の表明受け事業者の動き活発化

横浜市が統合型リゾート(IR)の誘致を正式に表明したのを受け、カジノの運営権獲得を狙う外資系企業の競争が新たな局面を迎えている。香港のメルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドは数カ月以内に横浜のみなとみらい地区に事務所を開設する予定。ラスベガス・サンズは大阪府・市が夢洲で計画するIR への応札を見送り、横浜を含む首都圏での開発に注力することを決めた。 メルコはライセンス取得に向けた準備を本格化させる。7月末に横浜F・マリ ノスと長期パートナーシップ契約を発表し、横浜のスポーツ振興へも貢献する意向を示している。ただし、先に事務所を開設した大阪も候補地から外していない。 一方、25年国際博覧会(万博)の誘致委員会オフィシャルパートナーとして大阪への万博誘致にも貢献し、夢洲でのIR 形成に参画する意向を示していたサンズは、方向転換した格好だ。同社はシンガポールで初めてとなるカジノライセンスを取得し、マリーナベイ・サンズを開発した実績があり、首都圏の競争は熱を帯びそうだ。 日本市場から撤退の動きを見せたのは、米大手シーザーズ・エンターテインメント。横浜、東京、大阪、北海道苫小牧での IR開発を目指し、17年3月に日本法人を設立。横浜への思いは強く、昨年に整備構想案を公表していた。今後は米国を中心とする事業に経営資源を集中する。 カバーストーリー コラム トピックス 統計・資料 人・講演録 デスティネーション 求人 特別企画。

IR誘致、横浜の表明受け事業者の動き活発化 | トラベルジャーナル

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、CME Group Inc。 株探プレミアムのご紹介 会員登録(無料) ログイン。 日経平均 。

ディスカッション