事業費

オンラインカジノは勝てない!?控除率からみるたった一つの戦略

控除率ラッキーニッキーカジノ 16616

Lucky Niki (ラッキーニッキーカジノ)のおすすめブラックジャック2選

日本人の方でも馴染みやすい大人気 オンラインカジノ 「 Lucky Niki (ラッキーニッキーカジノ) 」。Lucky Niki では様々なゲーミングプロバイダが開発するカジノゲームが約種類以上も楽しむことができます。提供ゲーム数が多く魅力的なLucky Niki ですが、どんなゲームをプレイしたらよいか迷ってしまいますよね。まずは、Lucky Niki で遊べる「テーブルゲーム」をプレイしてみましょう。テーブルゲームは戦略次第で大きく勝率を高めることができる大人気ゲームとなっています。この記事では、そんなLucky Niki で遊べるおすすめのテーブルゲームを各種ご紹介します。 Lucky Niki で遊べるおすすめの スロット や稼げるスロットマシンをお探しの方は、【 オンラインカジノ攻略法 】でご紹介している【Lucky Niki (ラッキーニッキーカジノ)おすすめのカジノゲーム【スロット編】】の記事をチェックしてみてください。

「初心者向け攻略ガイド 」カテゴリの関連記事

結論を先に言うと長期的にみて収支をだしたならかなり厳しいです。 1円でも負けという線引きをした場合 は、 高確率で勝てないと言って良い ですね。 それは言うまでもなく、どの ギャンブルも胴元 運営元 がコミッションを搾取してしまうから です…。 これが無ければ互角以上の戦いが出来ますが、人件費やソフトウエア導入費用等の運営費用があるので仕方がないことと言えるでしょう。 控除率 ハウスエッジ という言葉を聞いた事はありませんか? 端的に言うと、 ハウス側の取り分 ですね。 カジノ運営側もディーラーなどの人件費、システム構築などで費用がかかっていますからプレイヤー側からテラ銭を貰わないと運営出来ません。 オンラインカジノのペイアウト率がいかに高いか分かるのではないでしょうか? 一概には言えないところもありますが、この ペイアウト率が高いギャンブル程負けにくい と言われています。 オンラインカジノのペイアウト率が一定ではないのは、 パチスロは設定、 オンラインカジノはゲームの種類 バカラやブラックジャック、スロット によってまちまち だからです。

カジノウォーのハウスエッジ: 控除率

当然、ペイアウト率とはなんなのか? という疑問が浮かびますが、その定義は賭けたお金に対して、どれくらいの割合で払い戻しが期待できるかを示した数値(オンラインカジノ還元率)のことを言います。 例えば、ペイアウト率95パーセントのゲームの場合、万円を賭ければ平均して95万円が戻ってくる計算になります。 「 それって損じゃん 」と思うかもしれませんが、当然です。基本的に、すべてのゲームはカジノ側が勝つようにできています。なので、ペイアウト率がパーセントを超えるゲームはないと思ってください。 それでは勝てないと思いますよね。でも、違うのです。ペイアウト率というのは、個人単位で数えられるものではなくて、カジノ全体(あるいはゲーム全体)でカウントされるものだからです。 仮に、万円を持ったAさんとBさんがいて、Aさんは万円勝ち、Bさんは全額スッテしまったとします。2人の合計元金は万円でリターンは万円ですから、この場合、ペイアウト率は95パーセントになるんですね。 こう考えると、ペイアウト率が高いからと言って必ず勝てるわけではないということがわかると思います。ただ、ペイアウト率が高いほうが、より勝てるチャンスがあるのは事実です。 より高いペイアウト率のゲームを選んで挑むのは、 戦略 として間違いではありません 。 ペイアウト率はプレイヤーの取り分。 ハウスエッジは胴元側の取り分。 つまり、ペイアウト率+ハウスエッジは必ずパーセントになるわけです 。 ただ、胴元の取り分を明示すると「 必ず負ける 」という印象が強くなってしまいがちです。そのためか、大抵のギャンブルの場合、ハウスエッジではなく、ペイアウト率のほうが公開されています。オンラインカジノでも同様で、ハウスエッジが公開されているというのは聞いたことがありません。 ちなみに、攻略サイトや書籍などでは「 ハウスエッジが低いゲームを選べ 」と書かれていることがよくあります。これは、「 ペイアウト率の高いゲームを選べ 」とイコールだと理解しておきましょう。

ディスカッション