事業費

YAHOO!ニュース

結果発表カジノホテル 13808

CEC株式会社の最新プレスリリース

新型コロナウイルス騒動により、ラスベガスのカジノホテルが全面閉鎖になってから早くも5週間。  もはや提供できる話題も尽きたので、なんの役にも立たないことを承知の上で、今週も超どうでもいい話題を取り上げてみたい。 このたび各カジノホテルは営業再開後の宿泊料金を公表し始めた。本気で再開できると思って公表しているのかどうかは不明だが、公式サイトで宿泊予約を受け付け始めたという事実は、新型コロナ騒動の終息への明るい兆しが見えてきたということか。  とはいえ、業界関係者の間では、 「営業を打ち切ることよりも再開することのほうが遥かに難しい」 とささやかれているほど、再オープンにはさまざまな準備が必要とされており、仮にまもなくネバダ州知事による緊急事態宣言の解除が発表されたとしても、簡単には営業再開できないことは各ホテル自身が一番よく知っているはず。 というわけで、 希望的観測 を通り越した、気分を鼓舞するための 形式ばかりの予約受付再開 といった感じがしないでもないが、とりあえず公式サイトで公表されている営業再開日とその日の宿泊料金(スタンダードルーム、リゾートフィーや税金は含まず)を以下にそのまま列挙してみた。  ちなみに、どこのホテルも 「宿泊日の午後3時までのキャンセルは全額返金あり」 といったような通常時には考えられないようなキャンセルポリシーを記載しており、営業再開に対する自信の無さがうかがえる。 (掲載順は、立地場所が南のホテルから北のホテル)。 Anderson Cooperによるベガス市長のインタビューもチラッと見ましたが・・・どちらも理解できますよね。確実に「再開しちゃいけない」状況である一方で、「再開しなければ生きていけない」人々も多くいるわけで・・・。一般的ではないラスベガスという独特の空間であるからこそ、一般的ではない判断がなされても不思議ではないというか。ただ、再開されてもそもそも訪問者があるのか、どうなってしまうのか・・・いずれにしても今回のコロナ危機によってベガスも大きく変わってしまうであろう事実が悲しくてたまりません。

結果発表カジノホテル 50613

関連記事(一部広告)

運営会社 | プライバシーポリシー | 情報削除ガイドライン | サイトのご利用について | サイトマップ | お問い合わせ。 pdf 1)あなたは日本にカジノ(IR:統合型リゾート施設)ができることに賛成ですか? 回答者数名 賛成。 回答者数名 ある。 回答者数名 知っている。

西岡省二の最近の記事

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。 日本から気軽に行ける大規模なIRといえばマカオ。「ヴェネチアン・マカオ」は館内がまるごとヴェネツィアの街に!ゴンドラで移動しながらショッピングが楽しめます。 他にもエッフェル塔がそびえ立つ「ザ・パリジャン・マカオ」など、スケールの大きさに目を見張るばかりです!

ディスカッション