事業費

韓国のカジノ(IR)施設一覧(ソウル・仁川・済州・釜山・テグ・江原)

スロット用語江原ランドカジノ 44957

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

江原ランドの悪い例の一番はやはりギャンブル依存症である。韓国人からは入場料(外国人は無料、韓国人円相当)も取り、入場回数にも制限(月に15回まで)があるにも関わらず依存症について話題が出ると必ずと言ってよい程、江原ランドが取り上げられる。「江原ランド」でグーグルしても、先ず出てくる画像は質屋が立ち並ぶ写真。だが、カジノと質屋との相互関係はここ江原ランドだけではない。マカオへ行っても何百件と言ってよい程の質屋が立ち並ぶ。ラスベガスでも昔から質屋が多い。ただ、ラスベガス大通りなど観光客が多い場所は家賃が高いので、質屋はストラトスフィア・タワーからダウン・タウンの間の寂れた場所に点在する。英語で質屋をPawn Shopと呼ぶが「Pawn Stars」のタイトルでケーブルテレビのリアリティ・シリーズが年から続いた。Pawn Shopへ訪問するのもラスベガスならではの楽しみである。古めかしい平屋建てのビルが立ち並ぶ辺鄙な場所に、このテレビ番組の舞台であるGold and Silver Pawn Shopはあるが、毎日、建物の外まで観光客で行列ができている。残念ながら、キャストの一人である先代がお亡くなりになったので、先月で番組が終了となったが、再放送はまだまだやっている。 今日も日本IR法関連で依存症についての記事があった。 「ギャンブル依存症医療基盤、大幅に遅れ」 と題された記事は、空いてる台が無いパチンコ屋の忙しそうな写真付きであった。【以下、内容は AGB Nippon公式HPより 】。 IR法関連の議論はかつてないほどギャンブル依存症問題を国民の注目にさらすこととなったが、この問題に対処するための国家医療の基盤は大幅に遅れている模様。 日本経済新聞によると、厚生労働省は日本には約70万人がギャンブル関連の問題を抱えていると推測しているが、ギャンブル依存症の治療に特化した医療施設は全国で五箇所しかない。こういったの専門施設以外にも複数の自助団体と民間的回復プログラムは存在するものの、大半の依存者は助けを求めずにいるか、あるいは家族内での解決を試みる傾向にある様子。 与野党や野党らにより7月6日にギャンブル依存症対策基本法が可決されたが、現状ではこの法案は単なる政策の基本的概要や問題解決に向けた声明に過ぎない。 政府のIR実施法が反依存症政策への資金供与について特別な規定を設けていないものの、政府がこの問題を真剣に受け止める姿勢にあると思われる声明は複数発表されている。 AGB Nippon。 ウィンから出禁になった一件の後、W氏がシーザーズ・パレスでギャンブルをするようになった。今思えば、W氏がカップ麺を食べながら一押し何百ドルのスロットマシンをしていた姿を思い出す。アメリカのド田舎のアジア系で、同性愛者、仕事で成功することで自分を認めてもらうしかなかった人が、カジノで多額のギャンブルをするようになり、VIP待遇を受けるようになった訳だが、実際はとても素朴な人だったように思う。「お金を使うお客が良いお客」というラスベガスのカジノのスタイルは、全く正直で、人種差別が無く、全てが平等だと確信する。世間一般で「弱者」となっている者が、最も羽を伸ばせる場所かもしれない。今となっては、一人だけでプライベートのテーブル、増してやプライベートの一室でギャンブルする中国人富豪のスタイルに変化してきたことで、やたらとテーブル数が増えていることはとても残念ではあるが、少し前までは、シーザーズ・パレスでも大きなバカラテーブルが2台しかなかった。一部上場企業の日本人会長、アラブの大富豪、ロスアンジェルスのパーマ屋さんの中国人女性店主、プロのバスケットボール選手、個人で宗教法人を持っているお坊さん、この人たちが同じバカラ・テーブルを囲んで「モンキー!モンキー!」と一緒に叫んで、日頃の憂鬱感を全て忘れたかのように楽しんでいる光景がみられるのがラスベガスのカジノである。 「カジノは一攫千金を狙った射幸心を煽る為、ギャンブル依存症者が生まれ、好ましくない」。このデフェニションは間違えかもしれない。 韓国のカジノの話に戻るが、済州島にロッテが観光業に参入してきた。それも、カジノ付きのである。【上記写真と内容は AGB Nippon公式HPより 】。 ロッテ・ツアー・ディベロップメント社は、韓国の済州島にIRの建設に向けて億ウォン(約億円)を調達している。「済州ドリームタワー」というIR施設では、38フロアが高さメートルに達する予定であり、完成時には済州島で最も高く、最大のランドマークになる。 済州島は韓国の新婚旅行の人気スポットであり、また日本人観光客も多数訪れている。日本は同島の2番目に多い観光客ソース市場になっている。 済州島には8カ所のカジノがあるが、大規模なIR施設はランディング・インターナショナル(Landing International)が展開する済州シンワ・ワールド(Jeju Shinhwa World)のみである。 まずは既存の株主に新たな株式を提示し、購入されなかった分は一般的に募集をかける。 ロッテは、集まった資金の使い道については開店1年前の億ウォン(約99憶円)と6ヶ月前に億ウォン(約45億円)の中間支払い、および内装費と運営費などに使用される述べた。 「権利付与によって完全に資金調達できますので、済州島ドリームタワーの総合型リゾート建設というパズルの最後のピースが揃います」とロッテツアーのキム・キビュン会長(Kim Ki-Byung)が語りました 。 「現在、済州ドリームタワーの統合型リゾートは20階まで建設されている。この統合型リゾートが来年の10月までに開かれると、平均収入が最も多いの新しい雇用機会が創出される。」 AGB 観光旅行先として日本人に人気の韓国の済州島では、旅行会社ロッテ・ツアー・ディベロップメント(Lotte Tour Development)が億ウォン(約15億円)でパラダイス済州ロッテ・カジノを購入。これにより、カジノ部門への投資を続けている。 今回、単独でのカジノ業界への進出はロッテ・ツアーでは初となった。また、数年前から進出を目指していたといわれている。年、カジノ運営を許可するために、協会の定款が変更された。 ロッテは、韓国初のIRを含め、外国人のみを対象とした5件のカジノを運営しているパラダイス(Paradise Co。

ディスカッション