事業費

川崎競馬場 11R 予想まとめ

競馬予想県レベルのカジノ 19197

スパーキングナイトチャレンジ(川崎マイラ A2B1 選定馬

ネバダ州は、4月30日に回復ロードマップ「NEVADA UNITED ROADMAP TO RECOVERY」を発表。まず、4月30日現在の状況(自宅待機令、非生活必需事業場の営業停止)をフェーズ・ゼロとし、回復を1から4のフェーズに分けた。そして、早ければ、5月中旬にフェーズ1に入るとした。 ラスベガス市場回復はよりスローに: ・米国証券市場関係者のコンセンサスは、ラスベガスのカジノ市場回復は、~年を通じてスローであり、年水準の復帰は年。 ・ネバダ州では、過去20年間に2回の大きな市場崩壊があった。年9月11日同時多発テロ後の旅行規制、年リーマンショック後の景気後退。回復期間は、前者は1年ほど、後者は数年。 ・今回のネガティブインパクトは、それらをはるかに上回る。インパクトが大きい背景は、サービス提供者と顧客にパンデミック感染リスクと行動抑制が継続、そこに、景気後退が相乗効果となること。 ・ネバダ州のカジノ市場は、暦年計は億ドル,YoY1%増。年3月は6。 事業者間で従業員への対応が分かれる。人件費は最大の経費: ・ネバダ州のカジノ産業では、3月18日以降、経営陣、ごく一部のサービス継続部門を除けば、従業員はすべて自宅待機の状態にある。 ・事業者の自宅待機の従業員への対応は、(1)給与支払い継続、(2)雇用契約を継続しつつ給与支払停止、(3)解雇レイオフ、がある。 ・事業者毎に、対応は異なる。日本IR参入意欲を持つ3者では、 — Las Vegas Sands, Wynn Resortsは(1)を継続する方針 — MGM Resorts Internationalは、4月に米国内のほとんどの従業員に(2)を適用したうえで、今後、大型の3)解雇レイオフを実施する可能性に言及。 ボードは、ナイト(デイ)・クラブは、別途ボードが通知するまで、営業禁止とした。また、MICEについて、別途ボードが通知するまで、人以上のイベント開催を禁止とした(連邦CDC-The Centers for Disease Control and Prevention-ガイドライン)。 ラスベガスを含むカジノ施設は、フェーズ1では営業停止対象。フェーズ2以降の再開対象は、未定であるが、カジノ施設は4フェーズの後半となる見通し。カジノ施設の開業は、早くとも6月以降となる。 なお、カジノ施設の再開の判断は、Nevada Gaming Control Boardに委ねられる。 ネバダ州政府は、自宅待機令、非生活必需事業場の営業停止の期間(フェーズ0)を、当初3月17日より30日間としたが、4月1日に4月30日に延長し、4月30日に5月中旬に再延長した。 ラスベガスを含む州内のカジノ施設は、すべて営業停止の対象。IR内のほぼすべての施設は、営業停止の対象。

ディスカッション