機能

バカラの確率計算から導き出した「戦略: セオリー」について

カジノ入門ゲームの確率計算 46417

パーレイ法を使った賭け方

では答え合わせです。この二つの状況は ブラックジャックの基本戦略上ともにヒット です。 なんと 60%以上の確立でバスト するのですね。これではヒットをためらわれるのも納得です。 よってプレーヤーはヒットすべき それぞれのハンドのディーラーバスト率 今までは大雑把にみていきましたが、これから細かく計算していこうと思います。まずハンド別のディーラーのバスト率を出したいと思います。 プレーヤー16で、ディーラーアップカード10の時は 17。 ベアビック法 勝率94。

98.48%法(2/3ベット法)の賭け方と実践例

みなさんこんにちは!ベスカジ編集部の華麗夏恋です。 今回は 確率(ハウスエッジ)から導き出したブラックジャックの基本戦略 について徹底解説していきます。 ブラックジャックは誕生以来、 数々の数学者・統計学者によって研究されてきました 。 なぜ研究の対象になったかというと、ルーレットやバカラ以上にブラックジャックは確率を重視してプレイすれば、勝率を上げられる魅力的なゲームだからです。 ブラックジャックで一番優先すべきことは『 自分がバーストしない 』ことなので、自分がバーストする確率を知っておかなければいけません。 バーストする確率が分かれば自分が勝てる確率も分かるので、プレイヤーがバーストする確率、ディーラーがバーストする確率をみていきましょう。 また、ハウスエッジについても触れますが、ハウスエッジを理解すればブラックジャックがいかに勝ちやすいゲームかお分かりいただけると思います。 プレイヤーが1回目のヒットでバーストする確率は、既にバーストするカードが何枚場に出ているかで変わります。 例えば、 最初の手札が13だった場合、次に引くカードが9以上であればバースト、8以下であればバーストしません。 13を構成するプレイヤーの手札のパターンと、ディーラーが持っているカードのパターンから場に出ているバーストカードの枚数を考え、 9以上のカードがシュー(カードの山)に残っている割合を出せばバースト確率が算出できます。 ルーレットやバカラなどにはベーシックストラテジーのようなものはないので、 ブラックジャックがカジノゲームの中で最も勝ちやすいゲーム といってもいいでしょう。

ディスカッション