機能

カジノ関連銘柄 一覧 本命 まとめ テックファームHD 日本金銭機械 NUTS ユニバーサル他

カジノを含む統合型リゾートビッグウルフスロット 43001

カジノを含む統合型リゾート施設(IR=Integrated Resort)とは

カジノの収益が見込めるため大規模な設備投資を実現できるビジネスモデルである。 民間投資で行う事業モデルであり、 税負担なき 経済対策、都市政策として注目を集めています。 現在、カジノを含む統合型リゾートは諸外国においてスタンダードなモデルとして確立されています。世界のか国以上でカジノが合法化されており、多くの国が カジノを観光の目玉 として成功しています。中国の特別自治区であるマカオが大発展を遂げたほか、シンガポールやフィリピンの巨大IRが話題になるなど 国際観光競争力の強化 に取り組んでいる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

このページでは カジノ関連銘柄 についてまとめる。 カジノ関連銘柄は定期的に動意づく面白いテーマ である。 現在は日本にはカジノはない。日本では競馬や競輪、オートレースなどの公営ギャンブルを除く 「賭博」は法律で禁じられている からだ。 だが、年に開催される東京オリンピックに向けていよいよカジノを解禁しようという動きが出ている。 自民党など超党派の国会議員がIR推進法案、いわゆる「カジノ法案」の可決に向けて動いている のだ。 ざっくり カジノ施設を併設した統合型リゾート IR を作ることを進めるための法案 と考えればよいだろう。 日本にカジノを併設した統合型リゾート IR を作る目的は 政府の掲げるインバウンド客数目標「年に万人・年に万人」を達成するため でもある。確かにオリンピックまでにカジノ施設を作ることができれば、外国人客数はおおいに伸びることだろう。それに「観光の目玉」となるカジノができれば、オリンピックが終わってしまった後も引き続き観光客数の増加に期待がもてる。 カジノ施設を作ることができれば、 観光消費も爆発的に活発になりさらに雇用も増え税収もドンと伸びる わけだ。

オンラインカジノ速報 | japantax.org

統合型リゾート (とうごうがたリゾート、 英 : Integrated Resort 、略称: IR )とは、 国際会議場・展示施設 などの MICE 施設、 ホテル 、 商業施設 ( ショッピングモール )、 レストラン 、 劇場 、 映画館 、 アミューズメントパーク 、 スポーツ 施設、 温浴施設 などと一体になった複合観光集客施設のこと [1] 。日本においては、 地方自治体 の申請に基づき カジノ の併設 を認める区域を指定して設置される予定である。 マカオ や シンガポール など、近年に統合型リゾートを設置した外国都市が国際的な観光拠点として多数の観光客を進める中で、 訪日外国人観光客 (インバウンド)を集めるプロジェクトの一つとして、日本国内への統合型リゾート設置が注目されている。しかし現行の 日本 の法制度では カジノ が違法とされているため、統合型リゾートの推進にあたっては、カジノの法制度化が大前提とされていた。 日本經濟新聞 が年8月に伝えた所によると、IR運営大手の シーザーズ・エンターテインメント (合衆国)は、「日本でのIR運営のライセンス取得に向けた活動を中止し、日本市場から撤退する」と発表した。同社は東京や横浜、大阪、北海道・苫小牧でのIRの開発を目指し、年に整備構想案を公表していた。最大市場の米国など既存事業に経営資源を集中させる [20] 。翌年(年)4月、 横浜市 長・ 林文子 はカジノを含む統合型リゾート施設について、事業者に求める条件などをまとめた実施方針の公表時期を当初の年6月から同年8月に2ケ月延期すると明らかにした。林は「新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を総合的に勘案し、最重要のことに専心すべきだ」と述べ、感染症対策を最優先する考えを示した [21] ほか、同年6月4日には 大阪市長 の 松井一郎 が記者会見で、年度末としていた開業時期が1、2年延期されるとの見通しを示した。新型コロナウイルスの影響で参入を目指す事業者との協議が進んでいないことを理由に挙げ、「投資余力が落ちているということも勘案しながら開業時期を見定めていきたい」と述べた [22] 。

ディスカッション