機能

【イギリス】ザ・リッツ・クラブ(リッツロンドン)の特徴を徹底紹介

ドレスコードリッツロンドンカジノ 16482

イギリスの旅 最終回 ザ・リッツ・ロンドン

イギリス エンターテインメント・遊ぶ イギリス カジノ。 最初にご紹介するイギリスで泊まりたい人気のカジノホテルは「ロンドン ヒルトン オン パーク レーン」です。ロンドン ヒルトン オン パーク レーンは、世界ブランドの高級ホテルであるヒルトンが運営するロンドンでも最高級ホテルとなっており、ラグジュアリーな滞在を求めて世界中の旅行者が訪れます。高級住宅街に位置しており、ロンドンの美しい夜景を望める絶好のロケーション。ホテル内にカジノを併設しているほか、高級レストランやバーなども完備されています。

日本からイギリスのカジノへのアクセスは?

lhwから4泊の予約をしました。宿泊客は品があり、とても良かったです。ですからスタッフからこんな酷い待遇を受けるとは思ってもいませんでした。ドレスコードがあると聞いたので、英国王室御用達のブランドDのワンピースで行きました。タクシーでホテルまで行ったのですが、なぜかホテルのエントランス側ではなく大通り沿いのリッツクラブの前で降ろされました。ですのでスーツケースを引いてエントランスまで行かなくてはなりませんでした。エントランスにはもちろんドアマンが二人いました。まずスーツケースをドアマンAに渡す時に鼻で笑われ、こちらは気をつかって「重いですよ。」と言うと片方のドアマンBがスーツケースを運んでいるAに「何だって。」と聞きがAが馬鹿にしたように「重いんだって」と言いました。 その後、フロントでチェックインの際、ちょっと英語がわからなく聞きなおしたら対応した女性に流石に舌打ちはしなかったものの嫌な顔をされ、その上ため息までつかれました。嫌な気分でしたが荷物を預け観光に出かけ、戻ってくると今度は妙に明るい男性で部屋まで案内されましたが、明るいだけちゃんと説明もせず、早々に引き上げて行きました。ですので夜は部屋の窓にシャッターがあり、閉められている事も知らず、ビックリし、益々嫌な気分になりました。又、お願いしていたティーポットは洗っていないようで汚れていました。腹が立ったので翌朝、フロントに苦情を言い、観光に出かけ戻って来ると、ティーセットは下げられ、何も置いてありませんでした。兎に角ホテルにいるのが憂鬱で、LHWを通して苦情とホテルを変更する事にしました。その後、朝10時を過ぎても何も返事がないため、再度LHWに確認を入れると。 うっとりするほど素敵でした。 アフタヌーンティーが有名ですが朝食の時間はは人もまばらで落ち着いており、ゆっくりすることができました。 紅茶にミルクを足そうとするだけで颯爽とスタッフが駆けつけてくれます。 サーブも良く世話を焼いてくれていました。

イギリスのカジノの基本情報

完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。 アメリカ ラスベガス ハワイ カナダ メキシコ アンティグア・バーブーダ アルバ ドミニカ共和国 ハイチ パナマ バハマ。 アルゼンチン ウルグアイ コロンビア チリ パラグアイ ブラジル ペルー。 トルコ アラブ首長国連邦(UAE) 南アフリカ エジプト モロッコ チュニジア ケニア。

ドレスコードリッツロンドンカジノ 66853


リッツクラブロンドンは疲れるカジノ!?宿泊者も要ドレスコード

クルーズのドレスコード フォーマルナイトのレンタル。 スマートカジュアルのドレスコードでブーツは? 地球の歩き方。

ディスカッション