機能

IR誘致レースから初の離脱者、北海道が自然環境など考慮

モバイル北海道のカジノ 62921

北九州市もIR誘致見送り「実現は極めて困難」、北海道・千葉に続き3例目

午前7時)の発着枠拡大も先送りになりました。 藤田  これまで地元自治体や経済界は、新千歳空港の24時間運用を求めてきました。現行の1日6回の発着枠を拡大することで、住民との合意までもう少しのところでした。道庁も発着枠拡大に前向きでした。ところが、突然、13年度まで3年間凍結すると方針転換してしまいました。道は現在、HAC問題を抱えています。経営再建中のJALに配慮したのではという話まで聞こえてきます。 吉田  新千歳空港はプライベートジェットもなかなか着陸できません。数日前に予約をしなければいけないなどの制限がある。 手嶋  毎年7月に行なわれる競走馬のセレクトセールは、世界のサラブレッドのプライス・リーダー(価格先導者)にさえなっているのです。世界中から多くの競馬のオーナーや競馬ジャーナリストが詰めかけます。オーストラリアの炭鉱王、ネイサン・ティンクラー氏や、ドバイからシェイク・モハメド殿下の意を受けた関係者、さらには香港の富豪も訪れるようになっています。彼らは超多忙ですからプライベートジェットでやってくることが多いのですが、新千歳にはなかなか着陸できないのです。 世界屈指の大富豪を追いやってしまう結果になっている。何億という売り上げをみすみす逃し、馬産地に大きなダメージを与えています。 吉田  一番の問題は、低価格輸送が可能な以遠権(自国から相手国を経由して、その先にある別の国へ営業運航を行なう権利)を、日本のカーゴ(貨物)に認めていない。以遠権がないので、カーゴに荷物を積みながら台湾、上海、インドなどをグルグル回り、日本に来られないわけです。 そのため、日本の場合、どうしても世界各国と比べてカーゴの価格が高くなってしまっている。外国の馬主も日本の競走馬に興味を持っていますが、輸送費の関係で消極的にならざるを得ません。 半崎美子 札幌市出身 青栁英樹 イオン北海道社長 |。 松井正憲|TVh テレビ北海道社長。

北海道 | カジノ IR ジャパン

津軽海峡のブラキストン線を境にして、北海道の動植物の分布は、本州とは全然違う。生物分布からすると、北海道はアジアじゃないんです。 北海道は何にもまして、きれいな空気、きれいな水、すばらしい自然がある。これがアジアの人には貴重なんですね。 所得水準がある線を越すと人間の欲求は衣食住にとどまらず、勉強したいとか、知らないものを見たい、知らない文化にふれたい、新しい体験をしたいといった新たな精神作用が働きます。 観光というのはそういう高度な精神活動なんです。 そういう意味で、いまアジアがものすごい勢いで変わっています。世界の3分の1以上の人口のところが立ちあがりはじめている。 韓国や中国からの観光客がずいぶん増えましたが、これからはさらにどんどん来るようになる。 観光客は、要するに面白いからくるんですね。観光とはこうであるなんていう、先祖伝来の秘法なんてない。来てもらうためにどうすればいいのかを、みんなで必死になって考えなければならない。 観光では、北海道観光振興機構の坂本眞一会長が大変頑張っておられる。坂本さんには大いに期待しているんです。 半崎美子 札幌市出身 青栁英樹 イオン北海道社長 |。 松井正憲|TVh テレビ北海道社長。

ディスカッション