機能

金属加工のことがわかる記事

メリットとデメロットシリーズ 9633

この内容で送信します。よろしいですか?

大興電子通信でも、多品種少量生産に特化した「rBOM」を提供しています。rBOMは 部品表 をベースにした生産管理システムであることから、細かい仕様変更もスムーズに行うことができ、管理の難しい多品種少量生産でも受注生産を可能としています。 受注から生産までのフローを大まかに分類すると、「見込み生産」と「受注生産」の2つに分けられます。これら2つの違いをよく把握することで、生産管理をより効率的に行えるようになります。 今回は、見込み生産と受注生産の違いやそれぞれのメリット、デメリットについてご紹介します。 ページコンテンツ 1 見込み生産と受注生産の違い 2 見込み生産のメリットとデメリット 2。 リードタイムが長くなる部門間の3つの壁 リードタイムの短縮は、滞留在庫、生産性(不良品発生率)、業務効率を向上させるために、生産管理部門では解決しなければならないテーマの一つです。 しかし、多くの個別受注生産においては、「部門間で情報が伝わらな。 製造業や小売業など、在庫を扱う業種にとって適切な在庫量を保持することは重要です。そこで重要となる作業のひとつが、在庫引当です。 今回は、在庫引当の基本や重要性、具体的な在庫引当の方法についてご紹介します。 確実な納品を実現する在庫引当 在庫管。 シンプルな在庫管理表が重要!正確な入出庫管理に必要なポイント 成長につながる生産管理を!具体的な流れや重要なポイントを解説。

レーザーカッター・レーザー加工機を導入するメリット

コストの増加 一つの商品の仕様を変えて製造するにあたって、同じ原料でも仕入れる資材が増え、コストが増加することが懸念されます。また、品種ごとの管理コストも発生するという点も挙げられます。 生産効率の低下 商品の仕様が変わると、段取りや生産ラインを変更する必要があります。この変更をしている間は作業が止まるので、最終的な生産効率が下がる可能性があります。 これまで、多品種少量生産におけるメリット・デメリットとその課題について説明しました。OKIは、人的エラーを回避して生産効率を高めることができる組立ライン連携IoTソリューション「プロジェクションアッセンブリーシステム (以下、本システム)」をリリースしています。 これらの点に加え、ERP連携などでより正確な現場の作業環境実現が期待できる点が高く評価され、インプレス社「Impress DX(デジタル変革)Awards  アプリケーション部門」において、準グランプリを受賞しています。

メリットとデメロットシリーズ 47402

多品種少量生産のメリットとは?ニーズに応え生産性を高める方法

小ロット・多品種に対応できる のがレーザーカッター・レーザー加工機の大きなメリット・強みです。 他の加工機に比べて必要な設定が少なく、 「データさえあれば加工ができる」 と言われるほど柔軟な機械です。 1つからでも加工ができ、複数のデータを並べて一度に加工することもできます。ジョブ(作業)の切り替えやデータの変更も簡単に対応できます。 レーザーカッター・レーザー加工機を活用した小ロット・多品種の代表例が 「名入れサービス」 です。 文房具やグッズ、記念品などに名前やメッセージを彫刻して、オリジナルグッズとして販売されている企業様が多くいらっしゃいます。 なかには、店舗の一角にレーザーを常設して、来店した客にその場でレーザー加工して販売するというサービスを行っている方もいらっしゃいます。 レーザーでできること 導入するメリット。 メリット:小ロット・多品種に対応 メリット:非接触 メリット:セットアップ・機械の操作が簡単 メリット:メンテナンスが簡単で、消耗品が少ない。 メリット:細かい・微細で複雑な加工ができる。

多品種少量生産のメリットとは?ニーズに応え生産性を高める方法 | DAiKO+PLUS(プラス)

多品種を製造するために開発コストが増加します。 管理工数 の増加はもちろん、その都度製品に合わせた段取りが必要となり、コストを回収できない恐れがあります。 生産方法の効率化として、 改善方法の一例 や 生産管理システム導入 による改善例を紹介します。 工場内のレイアウト変更や作業方法の改善によって、段取り替えにかかる時間の短縮をはかります。小ロット品の受注の場合でもコストを押さえることができるので、採算割れの負担軽減を目指すことが可能です。 生産計画 を見直し、流用できる製品はまとめて生産できる計画を立てることで、初動で発生する立ち上がりのロス軽減に期待ができます。

ディスカッション